アイクリームを使って目元のしわとシワを解消しよう

近年、テレビだけでなく携帯電話やスマホ・タブレットなど液晶画面を多くの場面で見ることが多くなりました。
パソコンなどは仕事でも欠かせない道具になっており現代人の多くが目の疲れに悩みを抱えています。

近頃ではブルーべりーに含まれていると言うアントシアニンという成分がいっぱい入っている健康食品の種類が増えてきています。

目の老化を感じている方への人気商品であり、人気の商品となり始め、いろいろなメーカーが手がけています。

私が眼精疲労と感じるときは長時間のPC作業や、パチンコをした後ですね。特にキラキラしているパチンコを見ると疲れますね。
終わった後は目がとても疲れます。

またコンタクトですから、目が乾燥していると思います。
だから眼科で頂いた目薬を使用します。スッキリとはなりませんが、潤いを与える効果はあるでしょう。
その他には顔を洗う時に目に水をつけます。
濡らしたタオルで目を覆ったりします。

眼精疲労の主な原因となるのは、PCやスマートフォンのような電子機器の、LEDディスプレイから出るブルーライトがあります。若い世代の人たちもスマホの普及により眼精疲労になってしまうことが増えているそうです。簡単に早く治したいなら画面にブルーライトをカットするフィルターを貼り「pcメガネ」を掛ける事で対策する事ができます。
私も以前は眼精疲労に悩んでいましたが、これらをやってみると治ったのでお勧めです!この頃は頻繁にスマホを使うので、ゲームなどで長時間触っていると目がかゆくなってきます。

これが眼精疲労だとこの前知りました。

眼精疲労も悪くなれば、肩こりや頭痛の原因になるようですね。

目がショボショボになった時の対策として、わたしは眼精疲労に利くツボを押しています。晴明という清明というツボがありそこを押さえます。ここの指圧が一番効果が高く、目がすっきりします。
3年前の朝のことです。

新聞の字が読めないと気づいた日が始まりです。

ついに、老眼がきた!字を読む、食事をするなど、とにかく目が疲れます。

老眼になってからは、目をいたわり読書時間を決めて、眼に対して優しい習慣づくりをしました。

とにかく、目を大事にしています。

就寝前に暖かいタオルを目に当てて眠るようにしたところ、毎日の生活習慣に少し、取り入れるだけで、とても眼精疲労はよくなりました。眼精疲労は、スマホ、pcで目を酷使する現在は防ぐのは難しいかもしれませんが、ひどくならないように対策することができると思います。

明るい画面を凝視していると体の動きは少なくなり、緊張状態になることがあります。
よって眼精疲労からくる肩こりなどにつながってきます。

なので、緊張をほぐすためのストレッチをやったり、そして画面を凝視せずたまに周りの景色を眼球をぐるぐる動かしたりするだけで効果があります。

去年の夏、白内障にかかり手術をしました。
アトピー性で発症した白内障です。

当日は待機する部屋で何回か目薬をさします。私は30代で手術しましたが、ほかの患者さんは高齢者ばかりでした。
麻酔用の目薬を点滴して手術開始。

痛みはまったくありませんが、キーンという音が出るような高周波で濁った水晶体を砕く機械を使ったり、レンズ交換の場面では目玉をグリグリと触られるので、苦手と感じる人もいるでしょう。

片方ずつしか手術ができないので、両目を治療する場合は期間をおきます。

目を酷使すると充血、苦痛、視力低下といった不愉快な症状が、表れやすいので注意が必要です。パソコン作業などは1時間に1回は目を閉じて、目を休憩させる、暖めて血行をよくする眼球を回し目の体操をすると疲れが和らぎます。日頃からのケアとしては、ルテインやビルベリーなどの目に良いサプリメントを摂取することも目の健康を保つ助けになると思います。
スマホを長時間見たり、本を読んでいると、眼が疲れてしまいます。そんな時は、目の周りのツボを押すようにしています。

10回程度押した後は、しばらくの間目をつむります。

そうすると疲れた目が、かなりとれます。
もうひとつは瞬きを意識して行います。

ドライアイ予防になりますし、目や視力の保護にもなります。
最近、若い女性に人気のアイテムとして、重要なのがカラーコンタクトです。

インパクトだけではなくナチュラル仕上げにも、今ではカラーコンタクトがとても重要なアイテムです。カラーコンタクトをする上で一番気になるのが目の乾燥。アイクリーム しわ くま

透明のものよりもレンズが厚く、酸素透過率も低いため、既定の着用時間を厳守しましょう。全然視力が悪くない方でも使うので、管理方法が不衛生となり、結膜炎などになってしまうこともあります。

事前に説明書に目を通し使用することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です